ドミノ・ピザ、SingularityNETと提携しブロックチェーンとAIの活用で「業務効率化」


まとめ
Domino’s Pizzaは、ブロックチェーンのAIプラットフォームSingularityNETと共同で、シンガポールとマレーシアで事業着手を始めた。大手ピザチェーン全体でサプライチェーンや物流ノウハウの強化をしている。急速に事業拡大しているこの二カ国でテクノロジーの真価が問われている。

米国の大手ピザチェーンであるドミノ・ピザはブロックチェーンのAIプラットフォームであるSingularityNETと提携を結び、ブロックチェーン技術と人工知能をマレーシアとシンガポールでの事業におけるサプライチェーン管理に活用することを発表した。

ドミノ・ピザはシンガポール・マレーシアの2つの東南アジア諸国において急速に事業を拡大。今現在、260以上の店舗と4,000人以上の従業員を擁している。

同社は、SingularityNET(シンギュラリティネット)の分散型コミュニティと人工知能(AI)及び機械学習アルゴリズムを活用して、配送業務の自動化、効率性の調査などのサプライチェーンと物流における事業効率化を図る。

同社は、今後さらにSingularityNET独自のAGIエコシステムとAIアルゴリズムを導入し、SingularityNETの分散型マーケットプレイスの基本機能、および新しいAIサービスの開発のために作成されたAGIユーティリティトークンを使用する。

他社の導入成功事例として、PepsiCoMindshare(マインドシェア)が主導していたブロックチェーンプロジェクト「Project Proton」を用い、同社のトライアルキャンペーンにおいてブロックチェーンベースの人口技能技術を導入。その結果、そのサプライチェーン効率を28%向上させた。

mindshareは「Zilliqaのブロックチェーンを通じて展開されるスマートコントラクトは、ネイティブアライアンストークン(NAT)を使用して、ほぼリアルタイムで、さまざまなデータソースからのインプレッションを調整することが可能になる。」と述べた。さらに、同社によると「この事業はスマート契約のないキャンペーン比較して、効率性の向上とブランドの全体的な透明性を促進している。」と述べている。

Previous パーソナルキャリア、ブロックチェーン事業の本人確認にサイバートラスト「iTrust本人確認サービス」を活用
Next スターバックス、ブロックチェーン技術を用いてコーヒーのトランザクション追跡を検証