つくば市でブロックチェーン技術を活用した投票システムの実装実験を実施


まとめ
つくば市では、革新的な技術やアイディアで社会課題を解決する、Society 5.0の社会実装に向けた実証実験を募集している。その最終審査において、ブロックチェーン及び顔認証技術とマイナンバーカードを活用したインターネット投票を実施。

茨城県つくば市では、革新的な技術やアイデアで社会問題を解決する実装実験の支援として「つくばSociety 5.0社会実装トライアル支援事業最終審査案件」を行い、優れた提案を全面的にサポートしている。

その一環として昨年度から、マイナンバーカードとブロックチェーン技術を活用したインターネット投票を実施し、投票内容の改ざん防止や秘匿性の確保などについて検証を行っている。

このネット投票システムは国内では初の試みであり、今年度は8月下旬に実施予定。今回の選挙では、インターネット投票に加え、新たにスマートフォンの導入と顔認証技術による本人確認を実装することで、いつどこからでも投票できる仕組みを作り、さらなる投票の利便性向上を図る。

この実装実験は、株式会社VOTE FOR株式会社ユニバーサルコムピューターシステム日本電気株式会社がつくば市と共同で実施し、投票システムの実装などにおいては各企業が無償で提供する。

投票方法及び日程の詳細については、8月初旬頃を目途に、改めて公表する予定だ。

Previous 【伊藤健次コラム】広告業界におけるブロックチェーンの可能性
Next ガートナーの調査結果、ブロックチェーンは従来のデータベースの機能を網羅するわけではない