アクセンチュアが生体認証にブロックチェーン技術を応用 オランダ、カナダと提携


まとめ
コンサルティング企業のアクセンチュアは、「ブロックチェーン×生体認証」で旅行者を識別するサービスを各航空会社と提携することを発表した。同技術を駆使して様々なサービスへ派生させると共に、旅行客にとっても利便性に富んだ内容となっている。

コンサルティング企業のアクセンチュアは、オランダ、カナダの政府および航空会社らと、ブロックチェーンの活用によって観光客を識別するサービスを展開することで契約を交わした。観光客が事前に旅程や好みを登録することによって、旅行中により良いサービスが得られるようになることを目的としている。

ロンドンで開催されたカンファレンス「シンクロナイズド・ヨーロッパ」において、アクセンチュアのキャピタル市場マネジングディレクターのデビッド・トリート氏は、「ブロックチェーン部門の活動拡大の一環として、ノウン・トラベラー・デジタル・アイデンティティ(Known Traveller Digital Identity、バイオメトリックデータを使用して旅行者を識別するサービス)を展開することで、カナダ政府やオランダ政府をはじめ、エアフランスKLM、エアカナダ、複数の空港と正式に契約を交し、提携していく」と表明した。

これによって、旅行者は事前にバイオメトリックスと旅程などを税関に申告できるという。同氏は「これは極めて個人仕様のサービスで、例えば、旅行中に自分の好みを共有できれば、よりよいサービスが得られるはずだ」と続けた。カナダのマルク・ガルノー運輸相は、「新しい技術の進歩を活用することで、公衆安全やセキュリティへのリスクが伴うアプローチへのサポートができ、旅行経験を改善しつつ航空旅行を効率的にできる」と述べている。

Previous 【導入事例】「纸贵科技(ジッグラト)×ブロックチェーン」の中国プロジェクト
Next ハーバード、リーバイス、ニュー・アメリカがブロックチェーン技術を用いて労働福祉の改善試みる