IBM・ウォルマート・KPMG・メルク連携、医薬品サプライチェーン向けブロックチェーンを構築


まとめ
IBMが新たな決済サービスを構築しようとしている。ブロックチェーンベースの世界的な電子決済ネットワーク「IBM Blockchain World Wire」のテストを開始したと発表した。グローバリゼーションの普及、資金移動用(国際送金含)の新たな手段によって世界に変革を起こそうとしている。

IBM、KPMG、Merck、Walmartは米食品医薬品局(FDA)と提携を行いブロックチェーンネットワークの概念実証に取り組んでいる。

米国医薬品サプライチェーンセキュリティー法(DSCSA)に関連してこの概念実証は開始している。狙いとしては。医薬品サプライチェーンに関与するFDAとはじめとする組織が、流通する処方薬を特定、追跡できるブロックチェーンネットワークを開発できるよう支援することだ。

企業は、現在のサプライチェーンが抱える課題をブロックチェーンネットワークにより対処し、在庫を追跡に要する時間の短縮、企業間で共有されるデータ精度の向上、流通する製品の健全性管理などに役立てたい考えだ。

IBMのヘルスケア&ライフサイエンス分野ブロックチェーン部門のグローバルソリューションリーダーを務めるMark Treshock氏は「バイオ医薬品のサプライチェーンの信頼性をさらに高める上で、ブロックチェーンは新しい重要なアプローチをもたらことが期待できる。サプライチェーン内の医薬品を追跡できる監査証跡を提供するだけでなく、データを共有した当事者を、データ内容を公開することなく追跡できるからためブロックチェーン技術は理想的と言える。ブロックチェーンは、医薬品のライフサイクルを通じて、そのデータを制御、管理、共有し、対応する方法を変革できる可能性がある」と述べている。

2016年以来WalmartとIBMはブロックチェーン技術に基づいた新しい水準のトレーサビリティーを食品サプライチェーン全体に適用するために取り組んでいる。また2016年6月よりMaerskとIBMも提携しており、2018年に「TradeLens」と呼ばれるブロックチェーン技術を活用した国際貿易プラットフォームを発表した。

IBMは、物流、食品、銀行、ハードドライブなど、さまざまなサプライチェーンでブロックチェーン技術を適用している。

 

Previous L&G、AWSを活用しブロックチェーンシステムを年金商品に導入
Next IBM、ブロックチェーンベースの決済ネットワーク「Blockchain World Wire」を限定的に運用を開始