ソニー・ミュージック、著作権情報を管理するシステムにブロックチェーン技術を採用


まとめ
ソニー・ミュージックエンタテインメントは、音楽の著作権情報を管理するシステムにブロックチェーン技術の採用を発表した。同技術の特性を活かした方法により、情報改ざんや、コスト削減等、今後の業務効率化とデジタル時代の波に合わせるなどの取り組みを各社と協業して行う。

6月11日、ソニー・ミュージックエンタテインメントは、改ざんに強く、関係各社でデータベースを共有できるブロックチェーンの仕組みを生かすために、音楽の著作権情報を管理するシステムに米Amazon Web Services(AWS)のブロックチェーンサービスを採用することを発表した。これによって、著作権情報の登録や共有を効率化する。現時点では試験段階だが、今後本格導入に向けて関係各社と調整を進めている。

ソニー・ミュージックエンタテインメントが採用した、AWSが提供するフルマネージド型のブロックチェーンサービス「Amazon Managed Blockchain」(AMB)は、ブロックチェーンネットワークをAWSのリソース上に構築できるため、導入企業が物理的なサーバ(参加ノード)などを用意しない状態でブロックチェーンを作成・管理することができる。

ソニー・ミュージックグループの管理業務を行うソニー・ミュージックアクシス執行役員の佐藤亘宏本部長(情報システムグループ)は、「ブロックチェーン上に音楽著作権の情報を記録することで、クリエイターの権利を守りながら、煩雑な著作権管理の作業からも解放される」と述べた。

ブロックチェーンは、複数の参加者が同じデータベースを共有し、新しく入ってきた取引記録(トランザクション)をこれまでのトランザクションに鎖のようにつなげる。一度ブロックチェーンに取り込まれたトランザクションの改ざんは難しい。

関係各社がブロックチェーンネットワークに参加、ブロックチェーンで著作権情報を管理することによって、情報登録と共有の効率化や、登録情報の信頼性向上が見込める。

ソニー・ミュージックグループは、これまでも多くのサービスでAWSを採用してきた。そのため、AWSでブロックチェーンを扱うことを検討している。ブロックチェーン実装のためにAWSでスクラッチ開発した場合、イニシャルコストが約1,500万円、ランニングコストが月額約20万円かかる一方、AMBであればイニシャルコスト100万円、ランニングコストは月額約5万円に抑えられることが分かり、AMBを採用したという。

佐藤本部長は、「すでに実装的には実用化レベルに達している」と述べ、「ステータスとしては実証実験の段階。今後、関係各社と広く連携していく」と続けた。

ソニー・ミュージックアクシスは、AMB上で動作するブロックチェーンフレームワークに、コンソーシアム型のブロックチェーン「Hyperledger Fabric」(ハイパーレジャーファブリック)を選択。AMBでは数クリックで新規ブロックチェーンネットワークを設定、ネットワーク参加者として他のAWSアカウントを招待できる。複数の参加者でデータベースを共同所有することで、トランザクションの透明性を確保できる。また、ネットワークの作成者のアカウントがなくなった場合でも、参加者がいる限りネットワークはアクティブな状態を維持できる。

同社は将来的に、AMBで利用できるブロックチェーンフレームワークに「Ethereum」(イーサリアム)も追加する予定だ。AWSのラフール・パタークゼネラルマネージャーは、「(AWSという)信頼された機関による分散トランザクション管理が、金融機関やサプライチェーン、小売、住宅ローン融資などの分野で求められている」と述べ、サービス上で動くブロックチェーンの需要の高さを強調した。

Previous サッカー元日本代表、本田圭佑選手が「Advertising week asia 2019」に登壇 ブロックチェーン技術の可能性について語る
Next 株式会社シーズ、建売ブロックチェーンとして販売するサイトを発表