Aion Network、新しいブロックチェーン仮想マシンを発表 Java上に構築


まとめ
Aion Networkは、ブロックチェーン技術を促進するためのツール開発に注力しているNPO団体である。Aionが発表したのは、JVM(Java仮想マシン)の上で動作する仮想マシンだ。デベロッパーは使い慣れたツールセットを使い、スマートコントラクトのような感じでブロックチェーンを使った開発が可能となる。

6月5日(現地時間)、ブロックチェーン技術を促進するためのツールの開発に注力しているNPO、Aion Networkは、一般的なJava Virtual Machine(JVM、Java仮想マシン)上に構築された新しい仮想マシンを発表した。最終的な目標は、デベロッパー間のブロックチェーン人気を高めることだ。

Matthew Spoke氏(AionのCEO)によれば、ブロックチェーンの採用を広める際に障害となっているのは、Javaのような共通言語の開発者向けツール類の欠如である。Aionは、長年使われてきたJVM上に、ブロックチェーン専用の仮想マシンを構築することによって、ブロックチェーンの利用をさらに推進できると考えている。

Aionが発表したAVM(Aion Virtual Machine)は、JVMの上で動作する仮想マシンだ。AVMを使用することによって、開発者は使い慣れたツールセットで、スマートコントラクトのような感覚でブロックチェーンを利用した開発が可能となる。

Spoke氏は、「JVMは変更したくなかった。そこで、JVMとやり取りできるある種の補助的なソフトウェアのレイヤーを作ればいいと考えた。ブロックチェーンには、固有のクライテリアがある。決定性が求められ、演算処理はノードの分散ネットワーク上で実行される必要があるが、JVMはこうした必要性を念頭に設計されたものではない」と述べた。

Spoke氏は、「新しいシステムのメリットを売り込むのではなく、開発者が慣れ親しんでいるシステムを、ブロックチェーンの上に持ってくることはできないだろうか、と考え、その方向で開発を開始した。それから約1年間ずっと取り組み、リリースにまでこぎつけた。」と、TechCrunchに語っている。

これまで、Aionは暗号資産のコミュニティに焦点を当ててきた。しかし同社は、ブロックチェーンを本当に広めるには、元来の信者の領域を超えていかなければならないと考え、これまでブロックチェーンに真剣に取り組んだことのない開発者を取り込めるようなものの必要性を感じていた。

Spoke氏は、「今私たちが注力しているのは、ブロックチェーンを利用したアプリの開発方法を、より伝統的なソフトウェア業界の開発者に広く伝えることにある。暗号資産の開発者の注目を得るために競うのではなく、ブロックチェーンをマイクロサービスのレイヤーのように扱えるものにしたかった。一般のソフトウェア開発者が日々取り組んでいるようなもの」と述べている。

ブロックチェーンのサービスにアクセスするための方法を提供することによって、それ以外の方法ではブロックチェーンに親しむことがなかったような開発者に対しても、ブロックチェーンのコンセプトを根付かせることをAionは考えている。これは、よりビジネス指向のユースケースにブロックチェーンを導入する試みの1つに過ぎない。しかし、このアプローチによって、より広い分野の開発者に対して、ブロックチェーンの利用を促すことができるかもしれない。

Previous GMの金融子会社、ブロックチェーンのスタートアップと提携
Next 富士通、ブロックチェーン技術を利用した個人間送金サービスの実証実験を行う