GMの金融子会社、ブロックチェーンのスタートアップと提携


まとめ
米自動車メーカー大手、ゼネラルモーターズ(GM)の金融子会社が、ブロックチェーンのベンチャー企業スプリング・ラボの株式取得を検討していることを明らかにした。スプリング・ラボは、自動車金融およびGMにおける使用事例を検討しているという。

米自動車メーカー大手であるゼネラルモーターズ(GM)の金融子会社は、アイデンティティ検証のためのソリューションに関してブロックチェーンのスタートアップであるSpring Labs(スプリング・ラボ)と提携している。

この新興企業は、元トランプ氏の経済顧問のGary Cohn(ゲイリー・コーン)氏を顧問団の一員として数えている。GMは、他のユースケースと並んで株式の取得を検討していると語った。 GM Financialの広報担当者は、GMまたはその子会社がスプリング・ラボの株主になる可能性についてはコメントを控えた。

共同創設者兼CEOのアダム・ジワン氏は、スポークスマンを通じて、「我々は、開発中の本人確認製品に加えて、自動車金融およびGM特有のユースケースの開発を積極的に検討している」と述べた。また、現時点で取り組んでいるブロックチェーンネットワークであるスプリング・ラボが、第3四半期にパートナー向けのプライベートベータ版で利用可能になることを付け加えた。ライブネットワークは2020年初頭に開始される予定だ。

GM Financialの最高戦略責任者であるMike Kanarios(マイク・カナリオス)氏は、記者発表文の中で、「今日の発表は、これらの取り組みを推進するという当社のコミットメントおよび投資を強調するものであり、SFIPプログラムの一員としてスプリング・ラボと協力できることを嬉しく思う」と述べた。

Spring Founding Industry Partners(SFIP)プログラムは、IDの検証とIDの不正使用防止のための規制に準拠したソリューションを作成することを目的としている。 スプリング・ラボは最近、SoFi、OnDeck Capital、Avant、GreenSky、Funding Circle、BlueVine、Fundation、Upgrade、Fundbox、Better Mortgageなど、数多くのフィンテック企業をプログラムにサインアップすることを発表している。

「最終的には、このネットワークは情報とデータがグローバルに共有される方法を変革するように設計されている」とGMのプレスリリースは説明した。

スプリング・ラボは、2017年に貸付プラットフォームAvantのチームと理事会によって設立され、基礎となるソースデータを共有することなく貸し手、銀行、およびデータプロバイダが情報を交換できるようにする、識別情報に焦点を当てたブロックチェーンベースのネットワークに取り組んでいる。

昨年3月、スプリング・ラボはAugust Capitalが率いるシード資金調達ラウンドで1,475万ドルを確保した。

Previous ソフトバンクなど通信事業者、ブロックチェーン技術を利用した新しいワーキンググループ発足
Next Aion Network、新しいブロックチェーン仮想マシンを発表 Java上に構築