2017~2022年度における国内ブロックチェーン市場の年平均成長率は108.8%になると予想


まとめ
国内ブロックチェーン活用サービス市場の調査結果が発表された。同調査によると、2019年度の同市場規模は171億5000万円で、年々高水準での市場拡大が見込まれており、2022年度には1235億9000万円に達するという。2017~2022年度の5年間の年平均成長率は108.8%になると予測されている。

2019年5月22日、2019年度の同市場規模は171億5,000万円の見込みであることが、矢野経済研究所が発表した国内ブロックチェーン活用サービス市場の調査結果によって明かされた。2022年度には1,235億9,000万円に達し、2017~2022年度の5年間の年平均成長率は108.8%になると予測される。

ブロックチェーンは、利用者同士のP2Pネットワーク上での権利移転取引などにおいて真正性が保証されているため、暗号資産の基盤として、当初は主に金融機関を中心に注目されてきた。しかし、2017年後半から2018年、金融機関だけでなく、サプライチェーンや権利証明など各業界でブロックチェーン技術を応用した実証実験が実施されている。物流の透明性向上によるコスト削減や書類チェックに要する時間短縮などさまざまな分野で成果が見られ、商用化へと進むことが期待される。

ブロックチェーンにおけるレイヤー1では、B2BやB2C向け、IoT向けなど用途に応じて使い分けができる基盤ができている。レイヤー2では、Colored CoinやLightning Networkなどのブロックチェーンを補完する技術があり、研究や具体的なソリューション開発が進められている。そして、レイヤー3では、様々なアプリケーションの開発が進められている。また、大手IT事業者を中心にブロックチェーンの基盤からアプリケーション構築までを包括的に支援する、BaaS(Blockchain as a Service)ソリューションの提供も始まっている。2019年度以降、徐々に商用化に向けた効果検証フェーズに進む案件が増えると考えられている。

Previous 米、ブロックチェーン人材の最大ニーズは4大会計事務所:Indeed調べ
Next 韓国グラウンドXが開発するブロックチェーンプラットフォームにココネが参画