LINE PayとVisaが新たなフィンテックサービスを提供


まとめ
LINE PayとVisaは、6月6日に戦略的包括パートナーシップの提携を発表。新たなフィンテックサービスを提供する。ブロックチェーンを基盤としたB2Bや国際間決済、代替通貨取引を可能にする新しいサービスも開発中だ。LINE Pay Visaクレジットカード(仮称)は、日本では2019年中に導入となる予定だ。

LINE PayとVisaは、6月6日に戦略的包括パートナーシップの提携を発表、新たなフィンテックサービスを提供する。

今後「LINE Pay」内からVisaブランドの「デジタル決済対応カード(仮称)」の申込み・利用ができるようになる。また、既存の「Visaカード」を「LINE Pay」に連携させ、スマートフォン決済が可能になる。その他、ロイヤリティプログラム(ポイント還元など)や利用特典でも協業、海外旅行時にVisaのネットワークによってLINE Payでの支払いが可能となる新機能も提供予定だ。

全世界約5,400万のVisa加盟店では、店舗側がLINE Payの直接加盟店になっていなくてもLINE Payで決済できるようになるため、決済通知や履歴もLINE Pay 内で確認できる。また、加盟店向けLINE Payサービスも提供する。

東京2020オリンピック競技大会に先駆け、独自のマーケティングキャンペーンやプロモーションにおけるパートナー契約を結ぶ。ブロックチェーンを基盤としたB2Bや国際間決済、代替通貨取引を可能にする新しいサービスも開発している。

以前に発表した日本と台湾でのブランド提携カード「LINE Pay Visaクレジットカード(仮称)」の取り組みに加え、協力範囲をさらに拡大したものが今回の提携となる。LINE Pay Visaクレジットカード(仮称)は、日本では2019年中に導入予定である。

Previous ブロックチェーン関連企業が集積する「クリプトバレー」、スイス・ツーク市
Next 米食料品チェーン、アルバートソンズがブロックチェーン・プラットフォームに参画