サッカー元日本代表、本田圭佑氏がブロックチェーンファンド設立を発表


まとめ
サッカー元日本代表の本田圭佑氏が都内のイベントでブロックチェーンファンド設立を発表した。同氏はこれまでサッカー選手という顔以外にも投資家・実業家の顔を持つ敏腕ビジネスマンでもある。数多くの海外経験を持つ中で「誰もが夢を追い続けられる世界をつくる」を実現させるための次なる一歩となりそうだ。

5月30日、Advertising week asia 2019(マーケティングや広告、テクノロジーなどの分野で活躍するプロフェッショナルが集まるイベント)が東京ミッドタウンにおいて開かれ、その最終カンファレンスでサッカー元日本代表・本田圭佑氏が登壇した。同氏はこの日、経営者であり投資家の本田圭佑として同イベントに招かれていた。

同氏は、これまで50社を超える企業に投資、昨年には俳優ウィル・スミスさんとベンチャーファンドを設立するなど、幅広いビジネスを展開している。「誰もが夢を追い続けられる世界をつくりたい」という思いが、自身を突き動かしていると語る。海外移籍後に訪れた様々な国において、経済的に恵まれない子供たちの状況を目の当たりにしたことがきっかけだという。

同イベントにおいて、本田氏はブロックチェーンファンドの設立を目指すことを発表した。事業内容や出資先など具体的な内容は語らなかったものの、ブロックチェーンへの強い関心を示した。壇上では、ファンドの設立メンバーとなる大日方祐介氏が本田氏の隣に座った。大日方氏は「NodeTokyo」(ブロックチェーンカンファレンス)や、「CryptoAge」(ブロックチェーン、暗号資産領域の最新情報を発信するコミュニティ)の創設者であり、業界の動向にも詳しい。

大日方氏は、本田氏の活動に対し、「これほどピュアに世界に目を向けて『やるならトップを目指そう』と語る人に、これまでほとんど会ったことがなかった。ビジョンの持ち方が自分と近い」と述べ、本田氏は「新しいチャレンジをするとき、ポイントになるのは自分のビジョンに共感してくれる、熱い志を持った仲間を集められるかどうか。結局一人じゃ何もできないですから」と語る。

カンファレンスの最後、サッカーとブロックチェーンに関する質問が参加者から、「昨年、フランス・リーグ1のパリ・サンジェルマンが、ブロックチェーン技術提供企業とパートナーシップを組み、ファンが様々な特典を獲得できるようになる独自通貨を発行する取り組みを始めた。それを引き合いに出し、本田さんならサッカー×ブロックチェーンでどんなことに取り組んでみたいか」と質問があった。本田氏は「これは全く“公約”ではないですよ」と断った上で、「僕はサッカーファンがクラブのオーナーになれないのがずっとおかしいと思っていて。ファンはもしかしたら、『オーナーになりたい』という思いをオーナーよりも強く持っているかもしれない。ブロックチェーンでクラブがトークンを発行し、それを保有することでクラブの意思決定を投票して決めるような仕組みもできるのではないか。これはサッカーにとどまらない。ブロックチェーンにはバスケやラグビーなど、従来のスポーツクラブの経営スタイルを変えられる可能性があると思います」と答えた。

Previous スマートバリュー、国内初のブロックチェーンを用いた住民ID基盤を発表
Next 日本最大級のブロックチェーンビジネスハブ、BINARYSTAR株式会社やその他企業が新業務提携に向け基本合意書を締結