ペイパルがブロックチェーン・スタートアップに投資 同社初の試み


まとめ
オンライン決済のペイパル(PayPal)は同社初となるブロックチェーン・スタートアップへの投資を行った。投資先は米ケンブリッジ・ブロックチェーン。ペイパル広報担当者は、「今回の投資は、ブロックチェーン技術を利用するための連携がどこまで可能かを見極めるという意味合いもある」と述べた。

2019年4月2日、ケンブリッジ・ブロックチェーンが実施したシリーズAラウンドの追加拡張ラウンドにオンライン決済のペイパル(PayPal)が参加したと発表された。ペイパルにとって同社初のブロックチェーン・スタートアップへの投資となる。ケンブリッジ・ブロックチェーンは、金融機関や企業が共有台帳を利用してデータを管理するための支援を行なっている。

ケンブリッジ・ブロックチェーンもペイパルも、今回の出資額を非公開としたが、米SEC(証券取引委員会)によると、ケンブリッジ・ブロックチェーンは過去9カ月間で350万ドル(約3億9,000億円)の資金を株式発行で調達している。2018年5月に行われた700万ドル規模のシリーズAラウンドに続き、同社の調達総額は1050万ドルとなった。

台湾Foxconnのベンチャーキャピタル、HCM Capitalとデジタル・カレンシー・グループ(Digital Currency Group)などがシリーズAに参加した。また、今回の追加拡張ラウンドには、慈善目的の投資を主とするOmidyar Networkも参画している。

ペイパル広報担当者は、「ケンブリッジ・ブロックチェーンは、デジタルIDにおいてブロックチェーンを用いている。これはペイパルを含む金融サービス企業が活用できるものだ。今回の投資は、ブロックチェーン技術を利用するための連携がどこまで可能かを見極めるという意味合いもある」と述べた。

米マサチューセッツ州・ケンブリッジに拠点を置くケンブリッジ・ブロックチェーンは、ペイパルがスポンサーするアクセラレーター・プログラム「フィンテック・ヨーロッパ2018(Fintech Europe 2018)」に参加してきた。また同社は、ルクセンブルク政府と同国の金融機関が支援するデジタルIDサービスのLuxTrustとも連携している。一方、ペイパルは同国にヨーロッパのヘッドオフィスを移すとともに、同国で銀行免許を取得している。

ケンブリッジ・ブロックチェーンCEOのマシュー・コモンズ(Matthew Commons)氏は「これはまだ実験的なことであり、具体的なことは話せない。しかし、ルクセンブルクに展開し、彼らが大きな存在感を持っているという事実は、物事を動かすのに役立った。」と述べた。

同氏は、「2018年終わりに向けて、ケンブリッジ・ブロックチェーンはペイパルの企業ベンチャーグループと直接関わるようになり、結局は今回の投資に至った」と話す。ケンブリッジ・ブロックチェーンは、ブロックチェーンを活用してデータの保存、共有、認証を行う。現在、15名の社員を米国、パリ、北京などのオフィスに配置。金融機関で口座を開く際に必要な個人情報や顧客情報に関する研修プログラムが主な収入源である。また、同社は商業的サプライチェーンのデータに関連してFoxconnと関わる事業も行なっている。

ケンブリッジ・ブロックチェーンは、分散型ID認証ファウンデーション(DIF=Decentralized Identity Foundation)のメンバーでもある。その他DIFには、エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス(EEA)やR3、IBMブロックチェーン、ハイパーレジャーも加わっている。

同社には、EU一般データ保護規則や欧州の決済サービス指令などの地域的な厳しい規制に対応する事業経験がある。ヴェンモ(Venmo)やハイパーウォレット(Hyperwallet)、スウィフト・フィナンシャルなどのプラットフォームを展開し、世界で膨大な数の取引口座を持つペイパルにとって、ケンブリッジとの連携が役に立つことは明らかである。

Previous 米大手金融機関のCEO、「可能性を秘めるブロックチェーンだがビジネスモデルの確立は難しい」
Next スマートバリュー、国内初のブロックチェーンを用いた住民ID基盤を発表