プルーフ・オブ・キャピタル ブロックチェーン技術の一般普及に向けたVC登場


まとめ
ブロックチェーンを一般に普及させることを目的とした5,000万ドル(約55億9,000万円)のベンチャー・キャピタル(VC)、プルーフ・オブ・キャピタル(Proof of Capital)が誕生した。設立初の投資先はアルゼンチンに拠点を置くブロックチェーンスタートアップ。同社が提供するプラットフォームで、一般顧客をブロックチェーン・エコシステムの製品やサービスにつなげる狙いだ。

投資家のグループは、ブロックチェーン技術を一般に普及させることを目指して、5,000万ドル(約55億9,000万円)相当の新しいベンチャー・キャピタル、プルーフ・オブ・キャピタル(Proof of Capital)を立ち上げた。

ホライズンズ・ベンチャーズ出身のフィル・チェン氏、グレイロック・パートナーズ出身のクリス・マッキャン氏、そして500スタートアップスの元アドバイザー、エディス・ヤン氏の3人がプルーフ・オブ・キャピタルの創業パートナーとして名を連ねている。

2019年4月17日(現地時間)、ブロックチェーンを基盤とするエコシステムにおける送金、カストディ、ウォレット、セキュリティ、IDなどの分野に取り組むアーリーステージのスタートアップを同社の投資対象とする発表がなされた。

CoinDeskの取材によると、チェン氏は、「既に世間は、自身のデータが大手テクノロジー企業に悪用され、販売されていることに気づいている」と述べ、「分散型ウェブ『ウェブ3.0』は、ユーザーを保護、ユーザーが自身のデータをコントロールできるようにする。ブロックチェーン技術を広めるために、ウェブ3.0向けのハードウェアやソフトウェアを開発している世界中の創業者たちに資金を提供することを考えている」と付け加えた。

同社最初の投資先として同社は、アルゼンチンに拠点を置くブロックチェーンスタートアップ、ユーバンクス(Ubanx)に投資。ユーバンクスが提供するプラットフォームは、一般顧客をブロックチェーン・エコシステムの製品やサービスにつながる。

その他、HTCのブロックチェーンスマートフォン「エクソダス(EXODUS)」の開発にもプルーフ・オブ・キャピタルは携わっている。現在、HTCの分散型技術最高責任者でもあるチェン氏は、「HTCと密接に協力することによって、新しいインターネットに必要な基準や向き合い方を定義し、モバイルとハードウェアのノウハウを投資先企業に提供するつもりだ」と述べた。

プルーフ・オブ・キャピタルへの出資者には、YouTubeの共同創業者のスティーブ・チェン氏、リップルの元チーフ・リスク・オフィサー(CRO)、グレッグ・キッド氏、台湾塑膠工業(台湾プラスチック)グループなどが、アドバイザーとして、キッド氏、ジーキャッシュ(Zcash)のハワード・ウー氏、ディフィニティ(Dfinity)のドミニク・ウィリアムズ氏などが参加している。

Previous JPモルガン、迅速な銀行間取引に向けてブロックチェーン技術を活用
Next 【纸贵科技有限公司(ジッグラト)】Hyperledgerオフィシャルメンバー最新テクノロジーに迫る