独VW、ブロックチェーン技術を利用したプラットフォームに参画


まとめ
独大手自動車メーカーのフォルクスワーゲン・グループは、ブロックチェーン(IBMのハイパーレジャー・ファブリック上のプラットフォーム)を活用して車載電池に使われる鉱物資源のサプライチェーンを追跡する。これにより、経済協力開発機構(OECD)が定める責任ある調達基準(PSCI)を満たすことが可能になる。

独大手自動車メーカーであるフォルクスワーゲンは2019年4月18日、コバルト(電気自動車用のリチウムイオン電池に使われる)のような鉱物を「責任を持って調達する」ために、フォードをメンバーとして含むオープンな業界共同体に加わったと語った。

同社は、「現在、鉱物の調達に関して広く受け入れられている業界標準に準拠するために、鉱山労働者や消費者ブランドは第三者による監査と面倒な手動プロセスに頼っている」と述べた。しかし、ブロックチェーンを用いてサプライチェーンを追跡することによって、経済協力開発機構(OECD)が定める責任ある調達基準(PSCI)を満たすことが可能になるという。

今回、同社はIBM Blockchainのグループによって開発された新しいプラットフォームを使用し、鉱物資源の世界的なサプライチェーン全体を追跡する。

今年初めに結成されたこの提携には、コバルト鉱山会社のHuayou、LG Chem(韓国の大手企業LG Corp.の一部門)、および原料サプライチェーン監査会社のRCS Globalもメンバーとして含まれる。この活動には今後、航空宇宙産業や家電業界などの企業が参加する可能性があるとフォルクスワーゲンは述べた。

Previous 仏ソシエテ・ジェネラル、約125億円相当の債券をイーサリアムのパブリック・ブロックチェーン上に発行
Next JPモルガン、迅速な銀行間取引に向けてブロックチェーン技術を活用