【ペプシコ】産業が抱える課題にブロックチェーン技術で対応


まとめ
米清涼飲料大手ペプシコ(PepsiCo)がブロックチェーン実験を実施した結果、サプライチェーンの効率に28%の向上が見られた。
同実験は、ジリカ(Zilliqa)のブロックチェーンプラットフォームを利用して、プログラマティック広告サプライチェーンの業務効率化を実現することでビジネスモデルの構築をはかる。

米清涼飲料大手ペプシコ(PepsiCo)がブロックチェーン実験「プロジェクト・プロトン(Project Proton)」を実施、その結果、サプライチェーンの効率が28%向上した。この取り組みは、プログラマティック広告において「産業が抱える課題」の対処にブロックチェーン技術が役立つかを検証することを目的として行われた。

2019年5月6日(現地時間)、同プロジェクトのパートナーである広告代理店マインドシェア(Mindshare)は、同実験はジリカ(Zilliqa)のブロックチェーンプラットフォームを利用して、プログラマティック広告サプライチェーンの端から端までを勘定したと発表した。また、統制群となる費用と同プラットフォームを利用した場合の費用を比較し、ブロックチェーン技術の有効性を確かめた。プログラマティック広告サプライチェーンを自動化するために、ジリカのスマートコントラクトも用いられた。

マインドシェアは、「これらのスマートコントラクトは、ほぼリアルタイムで複数のデータソースから送られてくるインプレッションを勘定し、決済はプラットフォーム内でネイティブ・アライアンス・トークン(Native Alliance Token=NAT)を用いて行われる。その結果、効率が大幅に向上し、ブランドオーナーには完全な透明性がもたらされる」と説明した。

マインドシェアによると、スマートコントラクトを利用した場合、利用しなかった場合と比べてビューアブル・インプレッション(ユーザーが実際に閲覧できる状態にあった広告インプレッション)にかかる費用の効率に向上が実験によって見られた。今回の取り組みは3月にアジア太平洋地域で実施されたものである。プロジェクトは、パブリッシャー(媒体主)への決済やその他の指標を追加した第2フェーズを予定している。

「今回は有望な結果が得られました。より多くの仮説を検証し、全体的な影響を測るために、異なる条件下であと何回かトライアルを実施する予定です」と、ファリダ・シャクシール氏(ペプシコのアジア、中東、北アフリカ地域における消費者エンゲージメント担当ディレクター)は語った。

Previous ブロックチェーン証明書で作品管理 SBIアートオークションで採用
Next ブロックチェーン技術でサプライチェーンを追う 米国企業、マグロの缶詰に新サービス