ブロックチェーン証明書で作品管理 SBIアートオークションで採用


まとめ
東大発ベンチャー企業のスタートバーンと、美術品オークションを手掛けるSBIアートオークションが、オークションで落札された美術品に「ブロックチェーン証明書」を発行するサービスをスタートさせた。ブロックチェーン証明書には、タイトル、サイズ、技法といった作品情報のほか、所有履歴情報や修復履歴、美術館展示履歴、オークションでの出品履歴などの情報を記録可能としている。

東大発ベンチャー企業スタートバーンと、美術品オークションを手掛けるSBIアートオークションは、オークションで落札された美術品に「ブロックチェーン証明書」を付け、作品の所有権の証明などを行う事業を開始する。作品を落札した人の中から希望者に対し、作品情報や所有者履歴、出品履歴を記録したブロックチェーン証明書を付与する。

スタートバーンが運営するブロックチェーン証明書発行サービス「startbahn.org」と、SBIアートオークション主催のセール「Modern and Contemporary Art」が連携する。セールに出品される500点超(総額4億5000万円)の作品を紹介、落札した人の中で希望者にはブロックチェーン証明書を付与する。

ブロックチェーン証明書では、作品情報(タイトル、サイズ、技法等)、所有履歴情報、修復履歴や美術館展示履歴、オークションにおける出品履歴などの情報を記録可能となる。第三者が情報を改ざんすることは難しいため、作品の所有権や真贋証明書が偽造されるリスクを低減できる。また、紙の証明書と違って紛失の心配もなくなる。

4月26日~27日、東京・代官山で行われたオークション「Modern and Contemporary Art」で対応。将来は、ブロックチェーンネットワークを利用することによって、アーティストに対し著作権等の権利金の還元、作品の照会や管理などを容易にしていきたいとしている。

Previous 4割以上の国内企業が、ブロックチェーン技術に対し取り組みを開始
Next 【ペプシコ】産業が抱える課題にブロックチェーン技術で対応