【Microsoft】新サービスにブロックチェーン技術を応用


まとめ
Microsoft(マイクロソフト)は同社のクラウドコンピューティングプラットフォーム「Azure」の新サービスや技術について発表した。新サービスはAI(人工知能)やMR(複合現実)、IoT(モノのインターネット)、ブロックチェーンなど高度な機能を提供する。「Azure Blockchain Service」は、コンソーシアムブロックチェーンネットワークの形成や管理などを簡素化できる。同サービスは完全なマネージドコンソーシアムネットワークを展開し、ユーザー設定やユーザーアプリケーションの認証といった管理作業の効率を改善する機能を持つ。

Microsoftは2019年5月7日、AI(人工知能)やMR(複合現実)、IoT(モノのインターネット)、ブロックチェーンなど高度な機能を提供する新サービスを発表した。同社のクラウドコンピューティングプラットフォーム「Azure (アジュール)」の新サービスである。

開発者向けの新しいAzure AI技術である「Azure Cognitive Services」は、見る、聞く、反応する行動をアプリケーション自体が取り、翻訳や推論も実行できる。

「Decision(ディシジョン)」と呼ばれるレコメンデーションサービスは、ユーザーの趣向に合わせて適切な情報を提示する。これにより、ユーザーはより多くの情報を基に効果的に意思決定することが可能になる。また、不適切なコンテンツを監視する「Content Moderator(コンテンツモデレーター)」や「Anomaly Detector(異常検知)」、レコメンデーションに強化学習を活用する「Personalizer(パーソナライザー)」の各サービスがDecisionに含まれる。

「Azure Search(アジュール・サーチ)」には、AIが導入され、認知検索機能を提供する。この機能は、Cognitive Servicesのアルゴリズムを適用し、ユーザーに構造化と非構造化の二方面のコンテンツから新しい知見を提供する。

MachineLearning(マシーン・ラーニング)とOperations(オペレーションズ)の混成語であるMLOps機能とAzure DevOpsを結合することによって、「Azure Machine Learning」において、機械学習ライフサイクルでの再現性や監査性および自動化が可能になる。改良されたインタフェースは直感的で、機械学習モデルの構築やトレーニングなどのプロセスを効率化する。

「Azure Blockchain Service(アジュール・ブロックチェーン・サービス)」では、コンソーシアムブロックチェーンネットワーク形成や管理を簡単にする。同サービスによって完全なマネージドコンソーシアムネットワークが展開され、ユーザー設定やユーザーアプリケーションの認証などの管理作業を言いそう効率化する。同サービスは、同社が以前発表した「Azure Blockchain Workbench」をさらに発展させたものだ。

他にも、エッジコンピューティング向けのSQLエンジン「Azure SQL Database Edge」、新しいオープンモデリング言語「IoT Plug and Play」(IoTデバイスをクラウドにシームレスで接続する)、MRを容易に開発できる「HoloLens 2 Developer Edition」なども同時に発表された。

Previous デジタル・プラットフォームへの理解、広まる
Next 【ブロックチェーン技術】変容する金融、各国の対応は難題