国内ブロックチェーン市場170億円超


まとめ
ブロックチェーンの国内市場が盛り上がりを見せている。大企業を中心にブロックチェーンの研究や導入が本格化しており、ここ数年の見通しは1200億円を越え、今後も高い成長率を維持しながら日本の経済を支える一躍を担うと期待されている。

ブロックチェーン技術は、2019年の市場規模は倍増しており、今後も年率100%以上の成長が見込まれる。これは仮想通貨、金融領域のみならずブロックチェーン技術が進んでいるからだ。

2019年5月22日、矢野経済研究所は、国内ブロックチェーン活用サービスの市場規模に関する調査結果を発表し、2019年は昨年対比112%増の171億円に達する見込みだと発表した。また、3年後の22年には1235億円に達すると予測しており、17年から22年の年平均成長率は108.8%とみている。

ブロックチェーンは、当初暗号資産の基盤技術として金融機関から注目されてきたが、2017年後半からは、それらの分野問わず幅広い業界でサプライチェーンや権利証明などの実証実験が積極的に行われている。

また、大手IT事業者を中心に、ブロックチェーン基盤からアプリケーション構築までを支援するBaaS(Blockchain as a Service)ソリューションの提供が始まっている。このことからブロックチェーン技術活用の支援体制も整ってきていることが見受けられる。

Previous 東電グループ会社TRENDE、東京大学やトヨタと次世代電力システムの共同実証実験を開始
Next 経産省が語るブロックチェーン技術の「教育・研究」への適用と課題